水素水とは?


水素水とは?

現在健康飲料水として「水素水」が普及しています。インターネットでは水素水サーバ、コンビニや薬局では水素水の缶やパウチドリンクが販売されていますね。水素タブレットというサプリメントも見かけます。

巷にはたくさんの水素関連商品がたくさんあり、雑誌でも水素水について特集されていますが、それでは「水素水」とは何でしょうか?

学生時代に勉強した元素記号、覚えていますか?水(H2O)は、酸素(O2)と水素(H)が結合して水となります。

水には既に水素が含まれて居ますが、水素水は水素分子を更に解した水、すなわち水素分子が高い濃度で水に含まれている水のことです。

水素とは何だろう?

昨今、水素は石油燃料に変わる次世代エネルギーとして、自動車の燃料や住宅用燃料電池として注目されていることから、皆さんも一度はニュースで耳にされたのではないでしょうか?それでは、水素水に含まれる水素とはいったい何でしょう?

水素(H)は、原子番号1、非金属元素です。元素の中で一番軽く、宇宙で最も数が多く、地球では、酸素、ケイ素に次いで3番目に多い元素です。

地球上では、水や有機化合物の構成要素として存在し、ほとんどは海水の状態で存在しています。水素は宇宙で一番小さい分子のため、私達人間の目には見えません。

しかし、この水素は体内に取り込むことで、体に害となってしまう活性酸素を除去するという、とても素晴らしい活躍をしてくれます。

活性酸素は善玉と悪玉の2つに別れます。文字通り、善玉は体に良い働きをし、悪玉は体に悪い働きをするのです。善玉活性酸素は生きるために必要なエネルギーを生成します。

一方悪玉活性酸素は様々な原因で過剰に作られてしまった活性酸素で、正常な細胞や遺伝子を傷つけ、様々な病気の原因となってしまうものです。

水素を体に取り込むと、この悪玉活性酸素とのみ結びつき無害化してくれるのです。

水素の力と悪玉活性酸素

水素の力と悪玉活性酸素水素は医療分野や美容分野の見地からも既に研究がされています。

ここ数年、悪玉活性酸素が体を錆付かせ、老化や様々な病気の原因となっているという研究発表がありました。

活性酸素は、生きるために必要なエネルギーを生成すると共に、強力な殺菌作用があり、体にとってはプラスに働いてくれる、まさに善玉活性酸素です。

 

一方、この活性酸素が大量に増えてしまうと悪玉活性酸素となり、私達の体を攻撃し、マイナスに働いてしまいます。そして、この余剰な悪玉酸素は細胞を傷つけ、老化や癌、生活習慣病など、私たち人間の体に悪影響を及ぼすのです。

しかし近年になり、水素がこの悪玉活性酸素とのみ結びついて、無害化にしてくれるという研究結果が発表されました。

体に悪い悪玉活性酸素を除去してくれるのが、水素の力。この水素を水に含ませたのが水素水なのです。

水素の効果

水素水に含まれる水素は、上記でも説明しましたが、体の害となる悪性活性酸素と結びつき、汗や尿などの水分やガスとして排出されます。

活性酸素は、過剰なストレスや喫煙、不眠、紫外線や排ガス等によって悪性活性酸素へと変わります。

人間にはもともと酵素という物質があり、この酵素が悪玉活性酸素を退治してくれるのですが、加齢と共に酵素は減少していきます。

水素は体内にはなく、その抗酸化力は弱いのですが、この体に害となる悪玉活性酸素と結びつき、汗や尿などとして体から排出してくれるとともに、ガスとなって体外へ排出されます。

悪玉活性酸素に水素が働くことによって、病気の予防ができ、老化の速度を緩める働きもしてくれます。

また、水素は臨床研究の分野でも注目され、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞やアトピー性皮膚炎、アルツハイマー病などの研究で効果があったと報告されています。

美容研究では、シミやシワ、美肌に効果があったという報告があり、中には水素水を使ってフェイシャルエステを行っているエステサロンなどもあります。

さらには、疲労回復やダイエット、筋肉痛など健康面でも効果を発揮しているという報告もあり、スポーツジムでは水素水を運動の間に取り入れるよう案内している所もあるようです。

このように、水素水は多方面で活躍しその効果を挙げています。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク