病気や老化の予防に水素水


病気や老化の原因は活性酸素

今回は、活性酸素について調べてみました。昨今の研究で、活性酸素は体を錆び付かせる物質であり、病気や老化を引き起こす原因となっていることが着目されています。

老化


※しかし、活性酸素のすべてが老いや病気をもたらすわけではありません。

活性酸素には「善玉」と「悪玉」があり、善玉活性酸素は白血球から放出され、呼吸や食べ物によって体内に侵入してきた細菌や有害物質、ウィルスを撃退します。
免疫作用があるので、細菌やウィルスから体を守る役割をしているのです。

一方、様々な原因で過剰に作り出された活性酸素は、正常な細胞や遺伝子を傷つけたり、
さまざまな被害を私達の体にもたらします。これが、悪玉活性酸素です。

悪玉活性酸素は、体内にある不飽和脂肪酸と結合すると酸化し、過酸化脂質という物質に変化します。過酸化脂質が細胞を老化させ、体を錆び付かせてしまい、老化や病院の原因となるのです。

このように、活性酸素の働きについて研究が進むにつれ、抗酸化作用のあるサプリメントや、食品、飲みものが人気となっています。しかし、前述の通り、全ての活性酸素の除去が、
抗酸化を抑止することではなく、悪玉活性酸素の働きを取り除くことこそが大切なのです。

ミトコンドリアと活性酸素

ミトコンドリア人体にダメージを及ぼす悪玉活性酸素はどうやって発生するのでしょうか?
私達の体は60兆個あまりの細胞があり、そのひとつひとつにミトコンドリアという小さな器官があります。

食事から摂取した糖分と呼吸から取り込む酸素を燃やし、私達が生きるためのエネルギーを生産しています。

ミトコンドリアはエネルギーを作るのと同時に「活性酸素」生み出しています。
ミトコンドリアが元気で質がよければ活性酸素の発生量は少ないので、老いや病気の進行、
悪化を防ぐことができます。

その逆でミトコンドリアの質が悪い、量が少ない場合はそれだけミトコンドリアに負荷が
かかるので働き過ぎとなってしまい、このときに悪玉活性酸素が発生します。

この活性酸素を除去する酵素は人間の体内に備わっているのですが、30代、40代と
年齢を重ねるのに比例して減少していき、体内の活性酸素の量が増えて、どんどん酸化していくのです。

こうして酸化力が増えると、細胞、ミトコンドリア、遺伝子を傷つける悪玉活性酸素が増え、その結果、ミトコンドリアが減っていく悪循環に陥ります。

この悪循環の元である悪玉活性酸素を除去し、体内の酸化を抑止してくれるのが水素です。
つまり、水素水を飲めば、体の錆びつきを抑えることができるのです。

 水素は病気や老化を予防する

これまでも、活性酸素を除去できる抗酸化物質はいろいろ発見されてきました。

しかし、除去出来る活性酸素の種類が限定的であったり、本来除去したい悪玉活性酸素と
一緒に、体に良い働きをする善玉活性酸素まで除去してしまうデメリットもありました。

 しかし、水素は善玉活性酸素には反応せず、悪玉活性酸素とだけ結合して除去するのです。
このとき、水素は悪玉活性酸素と結びつき、水(尿やガスなど)となり体外へ排出されます。これは、他の抗酸化物質にはみられない優れた点であるといえます。

また、水素には悪玉活性酸素を除去してくれるだけではなく、悪玉活性酸素をできにくい体質へ改善してくれる役割があることがわかってきました。

水素水を飲むことで、体内にある悪玉活性酸素を除去することによって、健康やアンチエイジングの鍵となるのです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク