水素水はアトピー性皮膚炎の改善にも有効


水素水はアトピーに効果がある

アトピー1アトピー性皮膚炎に対し、水素水の利用(飲む・塗る等)で症状の改善がみられたケースは数多く存在し、実際に治療に利用している皮膚科クリニックもあるほどなのです。

アトピーなどの肌疾患の多くは炎症によるものですが、なぜ、アトピーに水素水は効果的なのでしょうか?

アトピーについては、免疫機能がアレルゲンに過剰に反応し、炎症やかゆみなどが起きるアレルギー症状です。他の肌疾患もそうですが、このときに大量の活性酸素が発生しています。

問題はこの「活性酸素」なんです。活性酸素とアトピー性皮膚炎との関係ですが、
アトピーが悪化する原因は過酸化脂質の増加によるということが分かってきました。

過酸化脂質は活性酸素と脂質が繋がってできる物質で、皮膚の保湿機能を奪って症状を悪化
させるのです。過酸化脂質により皮膚のバリア機能も下がり、結果ハウスダスト等の刺激にも弱くなってしまうのだそうです。

原因は?

①ハウスダスト

②精神的ストレス

③紫外線

④生活習慣の乱れ(特に食生活)

これらアトピーの原因と考えられているものは、
活性酸素が発生する原因とほとんど同じなんです。

この「活性酸素」に、水素水が働きかけます。

活性酸素を除去し、そのことにより過酸化脂質の発生も防ぐのです。
水素水を摂取すると、皮膚の炎症も抑えられアトピーのかゆみなども改善されます。
完治まではいきませんが、肌の炎症を大幅に抑えることができるのです。

アトピーの方は分かると思うのですが、生活するうえで、症状が軽いのと重いのとでは大きな差があります。重いとなると、もう掻いて掻いて気が付けば肌が真っ赤でボロボロに…なんてこともあります。細胞を傷つけてしまい、さらに炎症が拡がってしまう悪循環です。

もちろん水素水は、飲むだけではありません。
炎症を収める効果がありますので、ひどいときには水素水を患部に塗ったり、
コットンにしみこませてパックなどしてもすごく効果が期待できます。

 最も、効果的な使用方法

アトピー2

①水素水を飲む

②水素水を塗る

③水素水パックをする

以上の三点を日常で行っていれば、
劇的に症状は改善するのではないでしょうか?

どんな病気・症状でもそうですが、水素水を摂取する以外にも、
生活習慣もやはり大事になってきます。

アトピー性皮膚炎が発症した方などは、抗酸化物質を得ること、またビタミンや、ミネラルの不足も皮膚や粘膜の抵抗力を下げてしまいますので、日常的に緑黄色野菜や、きのこ類、
そして海藻類などを食事に取り入れることも大事なことですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク