水素水が心筋梗塞に効果


若い女性や男性にも増加している心筋梗塞

心筋梗塞は男性や高齢、肥満に限った病気ではなく、むしろ若い女性の方が発見しにくく治療が遅れることもあるため、注意しなければならない病気です。

SnapCrab_NoName_2015-1-14_0-26-24_No-00軽度の心筋梗塞で2013年に女優の天海祐希さんが入院されたり、2011年に元日本代表の松田直樹さんが練習中に心筋梗塞に倒れ、そのまま帰らぬ人となったというニュースは記憶に新しいのではないでしょうか。

心筋梗塞というと、年配の方や太っていてコレステロールの摂取が多い方がなるイメージですが、痩せていて、健康的にスポーツをしている方でも発症する事で不安になられた方も多いと思います。

心筋梗塞は、24時間休まずに体中に血液を送っている心臓の血管に血栓という血の塊が詰まってしまい、血流の流れが滞ってしまう病気です。

血液の流れが滞ると、血液の中に含まれている心臓が動くために必要な酸素や栄養分も流れなくなってしまいます。

心臓の筋肉は、酸素や栄養分を受け取れないと壊死してしまい、動かなくなります。そして、胸が苦しくなって倒れてしまう、これが心筋梗塞なのです。

心筋梗塞の原因

若い世代でのリスク原因として最も注意しなければならないものはストレス。Angry woman tearing her hair

通常、心筋梗塞の危険因子として、肥満、コレステロール、糖尿病、高血圧、飲酒、喫煙、運動不足が挙げられます。

30代や40代の若い世代の場合、強いストレスや強く長いストレスや過労、無理なダイエットがホルモンのバランスを崩し、血圧の上昇や血管の収縮を引き起こし、心筋梗塞の大きな要因となるのです。

心筋梗塞と悪玉活性酸素の除去に水素水

心筋梗塞とは、前述の通り心臓の血管に血栓が詰まることで起こります。
心臓の血管が詰まると、数十分で心臓細胞が壊死していくのですが、人間のメカニズムとして、これを食い止めようと詰まった血管に大量の血液が流れていきます。

しかし、この詰まった血管に血流が流れたとき、活性酸素が体内で大量に発生します。

発生した活性酸素は心臓を攻撃するため、免疫システムが働いて血小板が集まります。
その結果、血小板が血管内の詰まりを発生させ、また血流が流れて活性酸素が発生するという悪循環に陥るのです。

また、強いストレス、強く長いストレスがかかると、体はそれに対抗しようとして、ストレスを緩和させてくれる「副腎皮質ホルモン」を分泌しますが、その際に一緒に活性酸素もつくられてしまいます。過剰につくられた活性酸素は悪玉活性酸素となり、血圧や血糖値を上げ、血栓を作りやすくするのです。

※水素水の水素は、体内に入るとあっという間に身体中に広がる拡散性があります。

宇宙で一番小さい分子なので、どんな場所でも一瞬にして入りこむことができるのです。
そして、身体の中にある悪玉活性酸素と結びつきます。水素と酸素が結びつくわけですから、当然水となり排出されるので、身体にとっては完全に無害なのです。

o-STRESS-FREE-facebookもちろん、日々ストレスをためないように工夫したり、適度な運動をすることによってリフレッシュしたりと、ご自身で出来ることもありますが、普段飲む水を水素水に変えることで、悪玉活性酸素も毎日除去でき、結果的に心筋梗塞の予防に役立つのではないでしょうか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク