水素水の選び方


水素水の濃度に注目

PH水素を手軽に取り入れるには、水素水を飲むのが最も手軽に水素を体内に取り入れられる方法でしょう。

普段水を飲むように、水の代わりに水素水を生活に取り入れてはいかがでしょうか?

水素水を選ぶときは、
その商品の水素濃度が重要になります

どのくらい水素を含んでいればいいのか

市場に流通している水素分子が含まれている水には「アルカリイオン水」、「還元水」、
という商品もありますが、これらの水素分子含有量は決して高濃度とは言えません。

また、充填時に水素が微量に含有していて、
わずか0.1ppmの商品ですら、水素水商品として販売されているのも事実なのです。

水素水を選ぶとき、水素濃度は1.6ppmが目安といわれています。
これより多い水素高濃度の商品はたくさんあり、より水素が入っていますが、
これは、水素を水に充填する際に高い圧力をかければ水素はいくらでも注入・高濃度に
できるのです。

しかし、圧をかけ終わり、精製された水素水が私達の生活と同じ気圧になると、
すぐに容器から抜けていってしまいます。長時間同じ高濃度で含有はしていられません。
なぜなら、水素はとても小さい分子。時間の経過と共に水素が水から抜けてしまうのです。
私達の生活と同じ気圧で、保てる水素濃度というものがあるのです。

※常温・常圧において水素飽和濃度は約1.6ppm

水素水を飲むときは、精製、または開封して長時間かけて飲むよりも、
2~3時間以内に飲むのが良いでしょう。水素が抜けてしまっても、特に風味は変わらず
通常のお水として飲むことはできます。

1日に飲む水素水の量

水素は悪玉活性酸素を除去するので、ストレスが溜まった時、運動をした時、喫煙した時に飲むとその効果を発揮します。

一番大切なのは毎日飲み続けることで、
日々の悪玉活性酸素を除去することです。

自分の好きなときに好きなタイミングで水素を摂取できることが、水素水の魅力です。

  水素水は暖めない

水素水を飲むときに重要なのは水素濃度ですが、温度も重要です。
水素水は沸騰させてしまうと水素が飛んでしまうので、水素水を料理に使うのには
向いていません。水素を摂取する目的で、水素水を飲む場合はそのまま飲みましょう。

寒い冬に暖かい水素水を飲みたいときは、40度前後に水素水を暖めてください。
この温度ですと、水素は水の中に留まることができるのです。

しかし、水素は封を開けてしまうと留まることができず、時間と共に抜けていって
しまいます。水素水は常温で、時間をあまりおかずに飲むのが、最も効果的に水素を体内に
吸収できる方法といえるでしょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク