水素水の種類


かなりの種類が販売されている水素水。インターネットで「水素水」と入力すると、
様々な会社の水素水がでてきます。では、その違いは何なのでしょうか?

現在販売している水素水のタイプ

現在販売されている水素水は大きく分けて3つのグループに分けられます。

①水素水精製サーバー

②簡易式水素水スティックタイプ

③ペットボトルやアルミパウチに充填された水素水

では、ひとつひとつどのように違い、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 ①水素水精製サーバー 

 ・宅配型水素水生成サーバー

あるぴな宅配されるピュアウォーター(純粋)と呼ばれるお水や天然水を、水素生成サーバーに設置し、その天然水に水素水を充填、
生成するサーバーです。リビングやオフィスに設置ができます。

<宅配型水素水生成サーバーのメリット

このタイプは、使用者が好きなお水を選べ、
そのお水から水素水を生成できます。
水は宅配されるので、買いに行く必要がありません。
出来た水素水をすぐ飲めます。

<宅配型水素水生成サーバーのデメリット

サーバーは一般的にレンタルをするので、サーバレンタル代とお水代が月々発生します。
宅配された大型のペットボトルをサーバーに自分で設置しなければならない点、
水の使用量が多いと、その分お水代もかさんでしまう点がマイナスでしょうか。

・水道直結型水素水精製サーバー

水道直結
家庭にある水道の蛇口につないで水素を充填するタイプ。
このサーバーは水道管に直結し設置をします。小型の商品は、場所を取らず自宅のキッチンに置き、その名のとおり蛇口をひねるだけで家族みんなが水素水を手軽に毎日飲むことができます。

また、水道水直結型水素水生成サーバーには給水式のサーバーもあります。これは、サーバーに接続できる大きなペットボトルに水道水を入れ、水素水生成サーバーに接続して、水素水を生成するものです。

<水道直結型水素水サーバーのメリット

お水は、水道管から直接引いているので、前述の宅配型水素水精製サーバーのように、
水代が別途かかるということはありません。そして、出来立ての水素水が飲めます。

<水道直結型水素水サーバーのデメリット

宅配型のお水のように、ミネラルが豊富なわけではなくフィルター交換も発生します。
(機種によって、フィルター交換時期には違いがあります)給水式サーバーの場合は、
大型のペットボトルを自身でサーバーに取り付けるため、重く、高齢者や子供が設置する場合は危険があります。レンタル型、購入型とあり、購入型は高価な商品もあります。

  ②簡易式水素水生成スティック

doctor水素水スティック 水道水を入れたペットボトルやタンブラーなどに入れ、スティックの中にあるマグネシウムが水と科学反応を起こし、水素を発生させます。

このとき、マグネシウムは一緒に水酸化マグネシウムを発生させますが、この水酸化マグネシウムはミネラルでもあり、実は
便秘薬に含まれるものと一緒なのです。


<水素水生成スティックのメリット

出来立ての水素水が飲め、持ち運びが簡単。
外出先で買ったミネラルウォーターもこのスティックを入れるだけで、
簡単に水素水を生成することができる。

<水素水生成スティックのデメリット

水素と一緒に発生する水酸化マグネシウムは、下痢を引き起こす可能性があります。
臓器が未発達な乳児、幼児、またはペットには向いていません。

 ③ペットボトルやアルミパウチに充填された水素水

ペットボトルやアル種類ミパウチに、
水素を高圧で水に含ませ、充填し販売されています。

また、アルミスチール缶に水素水を充填したものも、
販売されています。商品として販売されているので、
簡単・手軽に水素水を飲むことができます。

<ペットボトルやアルミパウチに充填された水素水のメリット

サーバーを設置することなく、場所もとらないため手軽に購入できる。
各メーカーの水素水の元となる「水」にこだわっている。

<ペットボトルやアルミパウチに充填された水素水のデメリット

流通ルートにのって購入者の手元に届くので、流通過程で水素が徐々に抜けてしまいます。
アルミパウチやアルミスチール缶より、ペットボトルの方が水素が抜けやすいようです。
それは、水素分子がとても小さく、ペットボトルの分子より小さいためとされています。

水素水生成サーバーは高額になるので、まずはペットボトルやアルミパウチから飲み始め、
効果を感じたら水素水生成サーバー購入を検討するのが良いのではないでしょうか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク