炎症を抑える効果


水素の強力な抗酸化力は、抗炎症や鎮痛効果があることは多くの医学論文に発表されていて、この強力な抗酸化力は、肩こりや筋肉痛などの炎症を抑える効果があります

また、水素は吹き出物やアトピーなどの肌トラブルにも抑炎症効果を発揮します。

 筋肉痛

筋肉痛激しく運動をした後に、筋繊維が回復の過程で炎症を起こしてしまい痛みを伴います。それが筋肉痛です。

またこのとき、大量に酸素を吸い込むため、活性酸素の量は著しく増え、よって悪玉活性酸素もそれに比例し増えていきます。

水素は炎症を抑える効果があるので、この痛みを軽減し、運動によって大量に発生した悪玉活性酸素を除去し、疲労回復の効果を高めます。

近年スポーツジムでは水素の疲労回復効果に着目し、運動をしているときに摂取する水分を
水素水に換えることによって、効率的に代謝を上げ、疲労回復を促進するために、水素水生成サーバーを設置したり、水素水の補給を促進しているところも増えてきました。

また、多くのスポーツ選手も水素の疲労回復効果に着目し、積極的に水素水を取り入れていますね。

肩こり

肩こりは生活習慣が引き起こす激しい筋肉痛の一種です。

これは、同じ姿勢をとり続けることによって、頭や腕を支える筋肉や、その周辺の筋肉が硬くなり、酸素や栄養物が末端まで届かず、疲労物質が蓄積して刺激となって引き起こすと考えられています。

水素は、この疲労物質を除去し、血行にもプラスに働きかけることにより、肩こりを軽減することになります。

肌トラブル

ニキビや吹き出物、かぶれ、アトピーなどの多くは炎症によるものです。

アトピーは、免疫機能がアレルゲンに過剰に反応してしまい、炎症やかゆみなどが起きるアレルギー症状。他の肌疾患もそうですが、このときに大量の活性酸素が発生しています。
アトピー治療の場合は、ステロイド剤や消炎鎮痛剤を塗るのが一般的ですが、副作用をもたらす可能性を考えると細心の注意をして使用しなければなりません。

水素は、悪玉活性酸素が肌細胞を攻撃するのを軽減し、傷あとも残りにくくします。

水素の摂取は飲むだけでなく、皮膚からの摂取も同じように効果を発揮するといわれています。素の非常に小さい分子は、皮膚からも体内に入ることができ、活性酸素を除去する働き
をしてくれます。

筋肉痛や肩こり、肌トラブルが酷い時には水素風呂に浸かるのも効果的です。

また、肌トラブルが重い箇所には、水素風呂に浸かる以外にも水素水パックをする事によって集中的に水素を疾病箇所に行き届かせることが出来、ダイレクトに悪玉活性酸素に働きかけることが出来るのです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク